くすりの博物館
サイト内検索
内藤記念くすり博物館のご案内
人と薬のあゆみ 薬草に親しむ 内藤記念くすり博物館のご案内 タマでもわかるお薬のはなし もうひとつの学芸員室くすりの博物館トップページへ
館長挨拶
トピックス
イベント
ご利用案内
館内ガイド
  ロビー・展示館
  図書館
  図書検索
  収蔵品デジタルアーカイブ
  薬用植物園
  エーザイコーナー
  認知症に関する情報スペース
出版物・販売物
館内ガイド

収蔵品デジタルアーカイブ

梅品 梅品ページへ>>
 1 2 3 4 5 6 7 8  


わが国最初の梅花図譜である。『梅品』の著者は、江戸時代中期の本草学者・松岡恕庵(玄達)(1666-1746)で、宝暦8年(1758)、京都で刊行された。梅の図とともに、品種名称が記された解説書である。上下二冊、上巻に主として白色花を、下巻に紅色と雑色を集録している。その他に『桜品』、『菌品』、『蘭品』など品種を列挙した図譜もある。

<解題:伊藤恭子(当館学芸員)>

戻る

ご意見ご感想著作権について Copyright(C), Eisai Co., Ltd. All rights reserved.