くすりの博物館
サイト内検索
内藤記念くすり博物館のご案内
人と薬のあゆみ 薬草に親しむ 内藤記念くすり博物館のご案内 タマでもわかるお薬のはなし もうひとつの学芸員室くすりの博物館トップページへ
館長挨拶
トピックス
イベント
ご利用案内
館内ガイド
  ロビー・展示館
  図書館
  図書検索
  収蔵品デジタルアーカイブ
  薬用植物園
  エーザイコーナー
  認知症に関する情報スペース
出版物・販売物
館内ガイド

収蔵品デジタルアーカイブ

華岡塾癌着色図 華岡塾癌着色図ページへ>>
 1 2 3 4 5  


華岡青洲(1760−1835)は文化元年(1804)に乳癌手術を全身麻酔によって行なうことに成功した。この話が広まると各地からその技術を学ぶために多くの医師が訪れた。華岡塾の塾生による写本。塾で診察を受けた患者の病気の状態が描かれている。中には手術後の経過が描かれたものもある。青洲が全身麻酔で手術を初めて行った藍屋利兵衛の母の手術図も見られる。

<解題:伊藤恭子(当館学芸員)>

戻る

ご意見ご感想著作権について Copyright(C), Eisai Co., Ltd. All rights reserved.