くすりの博物館
サイト内検索
内藤記念くすり博物館のご案内
人と薬のあゆみ 薬草に親しむ 内藤記念くすり博物館のご案内 タマでもわかるお薬のはなし もうひとつの学芸員室くすりの博物館トップページへ
館長挨拶
トピックス
イベント
ご利用案内
館内ガイド
  ロビー・展示館
  図書館
  図書検索
  収蔵品デジタルアーカイブ
  薬用植物園
  エーザイコーナー
  認知症に関する情報スペース
出版物・販売物
館内ガイド

収蔵品デジタルアーカイブ

養生訓 養生訓ページへ>>
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
 


巻第1-8・附録 貝原益軒編録

『養生訓』は日常生活の心得を説いたものである。著者の貝原益軒(1630-1714)は江戸時代初期から中期にかけて活躍した儒学者、教育家である。一般の人に健康保持の観点からわかりやすく書かれていて評判であり、多くの人々に読まれた。


巻第一、二 総論上下 養生についての目的、必要性、養生を行う心構え
巻第三、四 飲食上下 飲酒・飲酒附煙草、慎色欲
巻第五五官(鼻・口・目・耳・皮膚)・二便(大便、小便)の衛生と入浴について
巻第六病気になった時の心得と医者の選択について
巻第七薬の服用法
巻第八老養、幼育、鍼灸治について

<解題:伊藤恭子(当館学芸員)>

戻る

ご意見ご感想著作権について Copyright(C), Eisai Co., Ltd. All rights reserved.