ここから本文です

ニュースリリース

2016年9月29日

レンバチニブおよびエリブリンに関する最新データを欧州臨床腫瘍学会年次総会において発表

 エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫)は、2016年10月7日から11日までデンマークのコペンハーゲンで開催される「欧州臨床腫瘍学会年次総会(European Society for Medical Oncology: ESMO2016)」において、当社が創製したレンバチニブメシル酸塩(新規結合様式を有する選択的チロシンキナーゼ阻害剤、製品名:「レンビマ®」「Kisplyx®」、以下 レンバチニブ)およびエリブリンメシル酸塩(ハリコンドリン系微小管ダイナミクス阻害剤、製品名:「ハラヴェン®」、以下 エリブリン)に関する最新の臨床・非臨床試験データを発表することをお知らせします。

 主な発表として、レンバチニブについては、免疫チェックポイント阻害剤ペムブロリズマブとの併用による複数の固形がんを対象とした臨床第Ib相試験の結果や放射性ヨウ素治療抵抗性分化型甲状腺がんを対象とした臨床第III相試験(SELECT試験)における治療効果の部分解析結果などポスター6演題(医療経済・アウトカム研究を含む)が発表されます。
 エリブリンについては、悪性軟部腫瘍を対象とした臨床第III相試験(309試験)の平滑筋肉腫に関する部分解析結果がポスター発表されます。

 当社は、がん領域を重点領域の一つと位置づけており、がんの「治癒」に向けた革新的な新薬創出をめざしています。最先端のがん研究から革新的な創薬を行い、がん患者様とそのご家族、さらには医療従事者の多様なニーズの充足とベネフィット向上に、より一層貢献してまいります。


■ESMO2016における主な発表演題
製品・化合物発表演題・予定日時(現地時間)
レンバチニブ
抄録番号: 2038
臨床第III相(SELECT)試験における特定の転移に対するレンバチニブの治療効果
ポスター発表:10月9日(日) 13:00-14:00
レンバチニブ
抄録番号: 1608
RET融合遺伝子陽性の肺腺がん患者を対象としたレンバチニブの臨床第II相試験
ポスター発表:10月9日(日) 14:45-16:15
レンバチニブ
 
抄録番号: 1779
特定の固形がん患者を対象としたレンバチニブとペムブロリズマブ併用投与の臨床第Ib相試験
ポスター発表:10月9日(日) 16:30-17:30
レンバチニブ
抄録番号: 2008
Th1免疫応答の活性化を介したレンバチニブによるPD-1阻害剤の抗腫瘍活性増強作用
ポスター発表:10月9日(日) 16:30-17:30
レンバチニブ
 
抄録番号: 1284
血管内皮細胞および線維芽細胞増殖因子受容体のシグナル伝達阻害により、レンバチニブとエベロリムスの併用はヒト腎細胞がんの異種移植モデルにて抗腫瘍活性を示す
ポスター発表:10月10日(月) 13:00-14:00
レンバチニブ
 
抄録番号: 2616
リアルワールドにおける転移性腎細胞がん患者の医療資源の利用と治療コストの傾向(医療経済・アウトカム研究)
ポスター発表:10月9日(日) 13:00-14:00
エリブリン
 
抄録番号: 1879
進行性の平滑筋肉腫および脂肪肉腫の患者を対象としたエリブリンとダカルバジンを比較する非盲検無作為化臨床第III相試験における平滑筋肉腫患者群の部分解析
ポスター発表:10月10日(月) 11:00-12:00

(注)SELECT試験:Study of E7080 “LEnvatinib” in Differentiated Cancer of the Thyroid

以上