ここから本文です

ニュースリリース

2016年7月27日

業績予想(IFRS)の修正に関するお知らせ

会社名 エーザイ株式会社
代表者名 代表執行役CEO 内藤 晴夫
(コード番号 4523 東証第1部)
問合せ先  
執行役 コーポレートアフェアーズ担当
佐々木 小夜子
(TEL 03-3817-5120)

 直近の為替および市場環境、業績の動向等を踏まえ、平成28年5月13日の平成28年3月期決算発表時に開示した平成29年3月期(平成28年4月1日から平成29年3月31日)の第2四半期連結累計期間の業績予想を下記のとおり修正することとしましたのでお知らせします。
 なお、今回、平成29年3月期の通期連結業績および配当の予想(第2四半期末および期末)については変更しておりません。



1. 平成29年3月期第2四半期累計期間の連結業績予想数値の修正(平成28年4月1日から平成28年9月30日)
(単位:百万円)
  売上収益 営業利益 税引前利益 四半期利益 親会社の
所有者に
帰属する
四半期利益
基本的
1株当たり
四半期利益
前回発表予想(A)
(平成28年5月13日発表)
279,800 19,700 19,000 10,000 8,200 28円54銭
今回修正予想(B) 275,500 31,000 30,500 24,400 22,500 78円82銭
増減額(B-A) △4,300 11,300 11,500 14,400 14,300  
増減率(%) △1.5% 57.4% 60.5% 144.0% 174.4%  
(ご参考)前年同期実績
(平成28年3月期)
275,503 18,076 17,334 11,134 11,030 38円61銭

(前提為替レート:1米ドル=105円、1ユーロ=116円、1ポンド=137円、1人民元=15.5円)

2. 修正の理由
 売上収益は、為替の影響等を踏まえ、2,755億円(前年同期とほぼ同額)を見込んでいます。営業利益は、オペレーションの高質化・効率化に加え、EAファーマ株式取得に伴い第1四半期連結累計期間において93億円の一時収益(割安購入益)の計上を見込んでいることから、前回予想より113億円増加の310億円(前年同期比71.5%増)を見込んでいます。それに伴い、親会社の所有者に帰属する四半期利益は前回予想より143億円増加の225億円(同104.0%増)を見込んでいます。
 なお、通期連結業績予想については、平成28年5月13日に公表した予想数値を据え置いておりますが、今後、業績予想の修正が必要となった場合は、速やかに公表いたします。
(注意事項)
 上記に記載しました予想数値は、本資料公表日現在において入手可能な情報に基づき作成しています。実際の業績は、今後の様々な要因によって予想数値と異なる可能性があります。

以上