ここから本文です

ニュースリリース

2015年4月13日

エーザイとGenomics社が新薬開発のための大規模な遺伝子型/表現型データ解析で提携

エーザイ株式会社
Genomics plc

エーザイ株式会社(本社:東京、代表執行役CEO:内藤晴夫、以下 エーザイ)とGenomics plc(本社:英国オックスフォード、CEO:John Colenutt、以下 Genomics)は、このたび、エーザイの探索研究のターゲット選択、ターゲット評価、適応症の選択と薬剤のリポジショニングにおいて、Genomicsの持つ大規模多表現型遺伝子の高度な統計的分析技術の利用に関する契約を締結したことをお知らせします。

両社は、ヒトの遺伝子学、ゲノム学が医薬品の開発に大きく寄与できると考えており、ゲノム解析会社であるGenomicsとエーザイプロダクトクリエーションシステムズのチーフクリニカルオフィサーの直下に新しく設置されたIntegrated Human Genomics (IHGx) Research Unitが連携し、研究を進めます。

エーザイのIHGx Research Unit長であるNadeem Sarwar博士は、「エーザイはGenomicsと提携して医薬品の開発ができることを喜ばしく思っています。Genomicsの創設者は、遺伝子データの分析とその発現系の解釈に関する世界的に有名なリーダーであり、この共同研究において、これらの遺伝学的な知識を有効利用することにより、有用な新薬の探索研究並びに開発研究を加速することが、我々のコミットメントであると認識しています」と述べています。

Genomicsの創設者で現Directorである、オックスフォード大学のPeter Donnelly教授は「Genomicsとエーザイの研究活動において、大規模遺伝子データベースから得られた強力な分析結果を用いることにより、医薬品の開発パイプラインに真の付加価値をもたらすでしょう」と述べています。

さらに、GenomicsのCEOであるJohn Colenuttは、「Genomicsは世界をリードする研究開発型製薬メーカーであるエーザイと、遺伝子分析という成長著しい分野で提携することに期待しています。この新しい研究分野は、医薬品に従来とは違うポジティブな変化をもたらす可能性を秘めています」と付け加えています。

 

本件に関する報道関係お問い合わせ先
エーザイ株式会社
PR部
TEL: 03-3817-5120
Genomics plc
John Colenutt, CEO/ Professor Peter Donnelly
TEL: +44 (0)7771 865886/+44 (0)1865 287725

<参考資料>

1. Genomics plc について

 Genomics plc(以下、Genomics)はオックスフォード大学からスピンアウトした会社で、Peter Donnelly教授とGil McVean教授によって創設されました。遺伝子配列データ分析とその解釈におけるユニークな分析プラットフォームを開発し、さらに世界をリードする大規模な遺伝子データベースのデータ探索と分析の専門知識を併せ持っています。Genomicsは既にUK Small Business Research Initiativeから3つの補助金を受けており、英国のプロジェクトであるNHS(National Health Service)の10万人の患者の遺伝子配列分析を請け負っています。2015年3月11日にアナウンスされた最も新しい2百万ポンドの補助金は、Genomicsの分析プラットフォームの開発の継続に対して支給されたものです。Genomicsは医薬品の開発プロセスの中に遺伝子分析のベネフィットをもたらすために他の製薬会社とも提携しています。Genomicsは2014年11月に10.3百万ポンドのSeries A funding roundをまとめました。Genomicsの主な出資者はIP Group、Invesco Perpetual、Woodford Investment Management および Lansdowne Partnersです。

2. エーザイ株式会社について

 エーザイ株式会社は、本社を日本に置く研究開発型グローバル製薬企業です。患者様とそのご家族の喜怒哀楽を第一義に考え、そのベネフィット向上に貢献する「ヒューマン・ヘルスケア(hhc)」を企業理念としています。グローバルな研究開発・生産・販売拠点ネットワークを持ち、世界で1万人を超える社員が「がん」「神経領域」を含むアンメットメディカルニーズの高い疾患領域において革新的な新薬の創出と提供に取り組んでいます。
当社はグローバル製薬企業として世界の患者様へ貢献することを使命としており、開発途上国・新興国における医薬品アクセスの改善に向け主要なステークホルダーズとの連携を通じ積極的な活動を展開しています。
エーザイ株式会社の詳細情報は、http://www.eisai.co.jpをご覧ください。

3. エーザイのIntegrated Human Genomics(IHGx) Research Unit について

 エーザイのIHGx Research Unitは自律的で、バイオロジーとケミストリーの高度な専門知識とリソースを有する非常に協働的な研究ユニットで、エーザイプロダクトクリエーションシステムズのチーフクリニカルオフィサーの直下に新しく設置されました。主に神経変性疾患、自己免疫疾患とがん免疫に研究の焦点を当てて、新規の遺伝学的な標的療法を患者様にいち早くお届けするために研究を行っています。