ここから本文です

ニュースリリース

2015年2月25日

中国の新蘇州工場に固体剤生産棟の新設を決定

 エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫)は、このたび、中国子会社である「衛材(中国)薬業有限公司(Eisai China Inc.)」(以下 ECI)が、蘇州工業園区内の固体剤生産工場(現蘇州工場)の移転・拡張に向けて、同工業園区内の新工場用地(新蘇州工場)に新たに固体剤生産棟を建設することを決定しましたので、お知らせします。

 ECIは、現蘇州工場において、「メチコバール」、「アリセプト」、「パリエット」などの中国国内向けの製品の生産を行っています。高成長が続く中国医薬品市場では、引き続きこれらの当社製品の需要増大が見込まれ、安定供給体制の強化および生産効率の向上に向けて、将来の拡張性を視野に入れた新工場の建設が不可欠となっています。これを受けて、ECIは、2010年に同工業園区内に現蘇州工場の5倍以上の敷地面積を擁する新たな工場用地を確保しており、2014年11月、本用地に、新蘇州工場として注射剤の現地生産化に向けた注射剤生産棟を竣工しました。

 今回、注射剤生産棟に続いて、新蘇州工場に新たに建設することを決定したのは、固体剤生産棟および管理棟です。新しい固体剤生産棟は、地上3階建て、延べ床面積20,900m2を予定し、中国国内向けの固体剤の製剤、包装を行ないます。工期は、2016年度上期着工、2017年度下期の竣工、2018年度下期の稼動を予定しています。なお、現在固体剤を生産している現蘇州工場は、新蘇州工場稼動後に閉鎖する予定です。

 当社における中国事業は、日本・米国に次ぐ規模を有する中核事業であり、このたびの新蘇州工場の建設により、中国国内での自社生産機能の強化、および高品質な医薬品の安定供給体制の拡充をはかり、より一層の患者様貢献を果たしてまいります。

以上

<参考資料>

1. 新蘇州工場の概要
所在地:中国江蘇省蘇州市蘇州工業園区興浦路168号
敷地面積:約134,000m2(約40,000坪)
新固体剤生産棟(新規建設予定)
  ・延べ床面積:約20,900m2/3階建て
  ・主な機能: 製剤、包装、倉庫設備など
  ・生産予定品目: 「メチコバール」、「アリセプト」、「パリエット」等
注射剤生産棟(竣工済み)
  ・延べ床面積:延床面積約5,690m2/2階建て
  ・生産予定品目:「メチコバール」注射剤
管理棟(新規建設予定)
  ・延べ床面積:約2,280m2/2階建て
  ・主な設備: オフィス、会議室、食堂など
物流倉庫(既存)

*注射剤生産棟の延べ床面積を修正しています(2018年1月)。


「新蘇州工場 新固体剤生産棟、管理棟完成予想図」

【新蘇州工場 新固体剤生産棟、管理棟完成予想図】