ここから本文です

ニュースリリース

2014年9月10日

エーザイ株式会社と杏林製薬株式会社との
抗菌剤領域における化合物ライブラリー活用に関する契約締結について

エーザイ株式会社
東京都文京区小石川4-6-10
(コード番号 4523)

キョーリン製薬ホールディングス株式会社
東京都千代田区神田駿河台4-6
(コード番号 4569)

 エーザイ株式会社(代表執行役CEO:内藤晴夫、以下 エーザイ)と、キョーリン製薬ホールディングス株式会社(代表取締役社長:山下正弘)の子会社である杏林製薬株式会社(代表取締役社長:宮下三朝、以下 杏林製薬)は、両社のリソースを活用した革新的な抗菌剤創出を目指して、エーザイが保有する天然物を含む化合物ライブラリーの杏林製薬による抗菌剤領域における評価・活用に関する契約を締結しました。

 本契約により、杏林製薬はエーザイから提供される化合物ライブラリーについて、抗菌剤としての開発可能性を評価する権利を獲得し、エーザイは杏林製薬より一定の契約一時金を受け取ります。
 また本契約に基づき候補化合物が得られ、ライセンス契約の締結にいたれば、杏林製薬は抗菌剤として日本で独占的に研究開発・製造・販売することが可能となり、研究開発パイプラインの充実が期待できます。他方、エーザイは、感染症領域において豊富な経験と実績のある杏林製薬に化合物を導出することにより、新薬創製の機会創出ならびに化合物の価値最大化をはかることができます。

 両社は今回の契約関係に基づき、エーザイの化合物ライブラリーおよび杏林製薬の感染症領域での強みを生かし、革新的な抗菌剤の早期創出を実現することで、感染症治療において患者様とそのご家族の多様なニーズに、より一層貢献してまいります。


以上



本件に関する報道関係のお問い合わせ
エーザイ株式会社
PR部
TEL:03-3817-5120
キョーリン製薬ホールディングス株式会社
コーポレートコミュニケーション統轄部
TEL:03-3525-4707