ここから本文です

ニュースリリース

2014年9月3日

米国子会社エーザイ・インクが「Zonegran®」の米国における権利をConcordia社へ譲渡

 エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫)は、このたび、米国子会社であるエーザイ・インクが抗てんかん剤「Zonegran®」(一般名:ゾニサミド)の米国およびプエルトリコにおける権利をConcordia Healthcare Corp.(本社:カナダ オンタリオ州、CEO:Mark Thompson)の子会社であるConcordia Pharmaceuticals Inc.(以下「Concordia社」)に譲渡する契約を締結しましたのでお知らせします。

 本剤は、大日本製薬株式会社(現、大日本住友製薬株式会社)が創製した抗てんかん剤であり、当社およびその子会社は北米および欧州、アジア地域における本剤の独占的なライセンス権を獲得しています。今回の契約に基づき、エーザイ・インクは本剤の米国およびプエルトリコにおける商業化権をConcordia社に譲渡します。また、製品供給契約に基づき、エーザイ・インクは米国においてConcordia社に本剤を供給します。本契約は、米国独占禁止法上の審査終了や大日本住友製薬株式会社による了承等の条件が充足され次第、発効する予定です。
 なお、当社は、米国およびプエルトリコ以外での本剤の権利は引き続き保有し、欧州をはじめとする発売国での販売を継続します。

 当社はConcordia社に本剤を譲渡することにより、米国およびプエルトリコにおける本剤の製品価値が最大化されることを期待しています。また、当社は本契約の締結によって経営リソースを中長期的な成長分野に戦略的に再配分することで、患者様とそのご家族の多様なニーズの充足とベネフィット向上に、より一層貢献していくことをめざしてまいります。


以上

<参考資料>

1. Concordia Healthcare Corp.について
 Concordia Healthcare Corp.はレガシー医薬品やオーファンドラッグ、糖尿病関連の医療機器に重点を置くヘルスケアカンパニーです。Concordia Healthcare Corp.の医薬品ビジネスの主な製品は、ADHD治療剤 Kapvay®やアタマジラミ治療剤Ulesfia®、喘息関連治療剤Orapred ODT®、過敏性腸症候群治療剤Donnatal®です。 このほか、糖尿病関連の医療機器の配送を行う専門医療物流事業部や米国におけるPHOTOFRIN®の販売を行うオーファンドラッグ事業部があります。また、Concordia Healthcare Corp.は、オークビル(オンタリオ州)、レネックサ(カンザス州)、シカゴ(イリノイ州)、ブリッジタウン(バルバドス)、シャーロッツヴィル(バージニア州)に戦略拠点を有しています。