ここから本文です

ニュースリリース

2014年4月15日

エーザイ株式会社 代表執行役社長 内藤晴夫 英国より名誉大英勲章KBEを受章

 エーザイ株式会社 代表執行役社長(CEO) 内藤晴夫は、このたび、英国エリザベス二世女王陛下より、名誉大英勲章KBE (Honorary Knight Commander of the Order of the British Empire)を受章することとなりましたのでお知らせします。

 名誉大英勲章KBEは、様々な分野における優秀な功績を認め、社会全体の貢献に対して感謝するというもので、特に、際立った成果を残された人々、または奉仕活動に尽くした人々に授けられる権威ある勲章です。

<英国大使館からの名誉大英勲章KBE叙勲理由>
 内藤氏は、長年に亘り、日英関係の発展に尽力しています。特に、ライフサイエンス分野への日本からの対英投資を促進する英国政府のキャンペーンでは、この業界の代表者として、英国とヨーロッパに対する不動のコミットメントを示し続けています。エーザイ株式会社は、2009年、総額1億ポンドを投資し、欧州戦略拠点である「欧州ナレッジセンター」を英国ハットフィールドに開設しました。2012年には同社の抗てんかん剤AMPA受容体拮抗剤「Fycompa®」のハットフィールド工場での製造承認を欧州当局より取得するなど、成長し続ける欧州、アフリカ、中東のビジネスをサポートするために英国拠点をさらに拡大させています。同社は、また、神経性疾患の治療学をはじめユニバーシティー・カレッジ・ロンドンと共同研究の提携を長期に亘って結ぶなど、英国で独創的な研究開発を行い続けています。

<内藤社長コメント>
 この度、名誉大英勲章受章の栄に浴しましたことを、大変光栄に存じます。1988年にエーザイ初の欧州拠点をロンドンに設立して以来、当社と英国は四半世紀に亘って深い関係を築いてまいりました。1990年にロンドン大学構内にエーザイロンドン研究所を開設し、日英の優れたサイエンティストが知と経験を交流しあい、多くの成果をあげてきました。2009年には欧州ナレッジセンターをハットフィールドに設立し、欧州リージョン本社、研究開発、生産、マーケティングを集結させました。今では欧州を越えて中東・アフリカ・オーストラリアまで俯瞰し、我々のグローバル事業の一つの中心を形成しています。この栄誉を機に、当社は、これまで培ってきた日英の良好な相互信頼をより強固にするとともに、英国がもつ世界有数のライフサイエンスの基盤のもと革新的新薬の創出を実現し、世界の健康福祉へより一層貢献していく所存です。


以上