ここから本文です

ニュースリリース

(2010年12月21日)

消炎鎮痛パップ剤 「好及施®」 中国における販売契約締結

 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)は、このたび帝國製薬株式会社(本社:香川県、社長:村山昇作、以下 帝國製薬)と、消炎鎮痛パップ剤「好及施® (Haojishi)」に関し中国における独占販売契約を締結しました。本契約は2011年1月1日より発効いたします。

 本剤「好及施R」は、帝國製薬が製造している消炎鎮痛パップ剤の中国向け製品で、サリチル酸グリコール、メントールなどを主成分とする、消炎鎮痛パップ剤です。中国では処方薬として1997年に承認を取得してすでに販売されています。冷感タイプと温感タイプの2種類があり、急性打撲傷・疼痛には冷感タイプ、慢性の痛みには温感タイプが使用されています。

 中国における現在の総代理店と帝國製薬との契約が2010年12月末をもって満了することから、これを当社の中国子会社である衛材(中国)薬業有限公司(Eisai China Inc., 江蘇省・蘇州市)に販売移管します。帝國製薬から完成品の供給を受けて、衛材(中国)薬業有限公司が出荷します。

 現在、衛材(中国)薬業有限公司は、中国において末梢性神経障害治療剤「メチコバール®」を軸に、筋緊張改善剤「ミオナール®」を含め整形外科領域を強化しており、これらの製品に消炎鎮痛パップ剤「好及施®」が加わることで整形外科領域における製品ラインアップが充実・強化されます。そして、中国における整形外科関連の患者様とそのご家族の多様なニーズの充足とベネフィット向上に、より一層貢献してまいります。

以上

[参考資料として製品写真を添付します]

<参考資料>

製品写真

好及施® 温感

好及施® 冷感