ここから本文です

ニュースリリース

(2009年3月30日) 印刷用(PDF 84KB)

エーザイ株式会社 人事異動ならびに組織改編(2009年4月1日付)

<2009年4月1日付役員人事異動>
■役員の異動
新任務旧任務氏名
CEOオフィス 管理担当(兼)CJ担当(兼)最高財務責任者(CFO)(代表執行役専務)CEOオフィス 管理担当(兼)最高財務責任者(CFO)(代表執行役専務)松居 秀明
アジア・大洋州・中東事業担当(兼)EARS Managing Director(執行役)アジア・大洋州・中東事業本部長(兼)EARS Managing Director(執行役)岡田 安史

<2009年4月1日付人事異動>
 (1)▲は部長・部長職以上の異動、*付きはライン部長職以上
 (2)△は課長職の異動
■理事
 新任務旧任務氏名
*▲日本事業本部(JBHQ)東京エリア統轄日本事業本部(JBHQ)医薬統括部 医薬部長藤澤 教生
*▲日本事業本部(JBHQ)医薬統括部 医薬推進部長日本事業本部(JBHQ)東京エリア統轄森 茂
*▲CEOオフィス CJ部 顧客価値情報センター長日本事業本部(JBHQ)関西エリア統轄山下 清宜
*▲臨床研究センター副センター長(兼)推進部長臨床研究センター 推進部長尾澤 英男
*▲生産物流本部 デマンド・チェーン統括部長生産物流本部 企画推進部長竹川 徹

■グローバル本社
 新任務旧任務氏名
*▲CEOオフィス CJ部長信頼性保証本部 お客様ホットライン室長小林 広一
*▲CEOオフィス CJ部 企画推進室長信頼性保証本部 品質保証部品質保証室 担当課長辻本 道彦
*▲CEOオフィス CJ部 技術センター
本庄研究室長
創薬研究本部 製剤研究所 本庄研究室長河村 政男
*▲CEOオフィス CJ部 技術センター長(兼)川島研究室長創薬研究本部 製剤研究所 工業化センター長大脇 孝行
事業開発部 戦略グループ 統轄課長事業開発部 担当課長永倉 直樹
人事部 労務担当部長人事部 担当課長真鍋 裕人
*▲人事部 福利厚生センター長人事部 労務担当部長(兼)福利厚生センター長青山 豊
*▲信頼性保証本部 アジア登録室長アジア・大洋州・中東事業本部 製品推進部長横畠 幸彦

■日本事業本部(Japan Business Headquarters:JBHQ)
 新任務旧任務氏名
*▲戦略企画部 オンコロジー・マーケティング企画室長戦略企画部 グローバルマーケティング・オーガナイザー内藤 輝夫
医薬統括部 医薬推進部副部長薬粧事業部 ブランドマネジメント部 調査室長土屋 周子
*▲医薬統括部 育薬支援室長神奈川エリア統轄(兼)神奈川流通推進部長河口 英夫
*▲医薬統括部 免疫・炎症室長医薬統括部 医薬推進部長高橋 敬樹
流通統轄部 担当部長九州流通推進部 担当課長桜井 浩二
*▲北海道エリア エリア統轄千葉埼玉エリア 千葉医薬五部長濱岡 紀嗣
*▲北海道エリア企画部長中四国エリア企画部 担当課長今木 茂
*▲北海道エリア 札幌医薬一部長中国エリア 山口医薬一部長鈴木 昌規
*▲東北エリア 秋田医薬二部長医薬統括部 医薬推進部 担当課長及川 隆一郎
*▲東北エリア エリア統轄東京エリア 東京医薬二部長斉藤 篤
*▲東北エリア 宮城医薬二部長九州エリア 鹿児島医薬一部長佐藤 浩一
*▲関信越エリア エリア統轄北海道エリア統轄金井 良二
*▲関信越エリア 栃木医薬一部長神奈川流通推進部 担当課長山野 賢二郎
*▲関信越エリア 茨城医薬三部長中国エリア 島根医薬部長大野 稔
*▲関信越エリア 山梨医薬部長九州エリア 熊本医薬一部長谷 宗一
*▲東京エリア 東京四部長戦略企画部 統合戦略室長坂本 良之
*▲東京エリア 東京医薬二部長兵庫エリア 兵庫医薬一部長坂本 昇
*▲東京エリア 東京医薬四部長九州エリア 長崎医薬一部長吉田 晃
*▲東京エリア 東京医薬十部長中国エリア 鳥取医薬部長臼井 一彦
*▲千葉埼玉エリア 千葉医薬五部長東京エリア 東京一部 担当課長清水 義広
*▲神奈川エリア エリア統轄東海エリア 東海二部長金澤 昭兵
*▲東海エリア 静岡医薬三部長東海エリア 静岡医薬三部 担当課長丸山 雅史
*▲東海エリア 東海二部長九州エリア 九州二部長金屋 肇
*▲関西エリア エリア統轄兵庫エリア統轄(兼)兵庫流通推進部長竹田 裕次
*▲関西エリア 大阪医薬一部長関西エリア 奈良医薬部 担当課長湯面 知行
*▲京滋北陸エリア 京都医薬一部長医薬統括部 免疫・炎症室長藤井 敦信
*▲京滋北陸エリア 京都医薬二部長京滋北陸エリア 富山医薬部 担当課長大谷 徹
*▲兵庫エリア エリア統轄東京エリア 東京医薬四部長門田 達也
*▲兵庫エリア 兵庫医薬一部長兵庫流通推進部 担当課長吉永 敏範
*▲中国エリア 島根医薬部長中国エリア 島根医薬部 担当課長池永 正宏
*▲中国エリア 鳥取医薬部長医薬統括部 医薬推進部 担当課長越田 洋行
*▲中国エリア 山口医薬一部長東京エリア 東京四部長山口 博光
*▲四国エリア 香川医薬部長関西エリア 大阪医薬一部長斉藤 直樹
*▲九州エリア エリア統轄東北エリア統轄池 弘明
*▲九州エリア 九州二部長九州エリア 九州一部 担当課長加藤 善弘
*▲九州エリア 佐賀医薬部長九州エリア 福岡医薬二部 担当課長東 一成
*▲九州エリア 長崎医薬一部長関信越エリア 山梨医薬部長藤井 毅
*▲九州エリア 熊本医薬一部長京滋北陸エリア 京都医薬一部長原 謙三
*▲九州エリア 鹿児島医薬一部長東京エリア 東京医薬十部長佐藤 智美
*▲関西北陸流通推進部長流通統轄部 担当部長森 英寿
*▲薬粧事業部 コンシューマ・マーケティング部長薬粧事業部 ブランドマネジメント部長古川 徹
*▲薬粧事業部 コンシューマ・マーケティング部 ブランドマネジメント一室長医薬統括部 医薬推進部 担当課長外処 圭介
*▲薬粧事業部 コンシューマ・マーケティング部 ブランドマネジメント二室長薬粧事業部 ブランドマネジメント部
企画室長
林 義光
*▲薬粧事業部 コンシューマ・マーケティング部 開発一室長薬粧事業部 事業推進部 開発室長木全 基樹
*▲薬粧事業部 コンシューマ・マーケティング部 開発二室長薬粧事業部 事業推進部 開発室 担当課長泉澤 勝弘
*▲薬粧事業部 販路政策部長薬粧事業部 九州薬粧部長新井 維大
*▲薬粧事業部 販路政策部 量販室長薬粧流通室 担当課長伊藤 亮太
*▲薬粧事業部 販路政策部 ソリューション室長薬粧事業部 事業推進部 ソリューション室 担当課長吉川 徹
*▲薬粧事業部 営業第一エリア エリア統轄(兼)広域一部長薬粧事業部 事業推進部長中台 裕隆
*▲薬粧事業部 営業第二エリア エリア統轄(兼)広域二部長薬粧事業部 事業推進部
ソリューション室長
今西 健一
*▲薬粧事業部 営業第一エリア 北日本部長薬粧事業部 広域薬粧部長内田 清
*▲薬粧事業部 営業第一エリア 東京部長薬粧事業部 東京薬粧二部長江端 修一
*▲薬粧事業部 営業第一エリア 東海部長薬粧事業部 東京薬粧一部長西山 太二
*▲薬粧事業部 営業第二エリア 関東部長薬粧事業部 東京薬粧三部長工藤 修
*▲薬粧事業部 営業第二エリア 関西部長薬粧事業部 関西薬粧部長高瀬 泰敬
*▲薬粧事業部 営業第二エリア 中四国・九州部長薬粧事業部 中四国薬粧部長古川 雅浩

■創薬研究本部
 新任務旧任務氏名
*▲副本部長(兼)創薬資源管理推進室長副本部長吉野 博
*▲研開試験監理部長(兼)GLP室長株式会社サンプラネット(出向)若林 利明

■臨床研究センター
 新任務旧任務氏名
*▲業務推進部長業務推進部副部長谷沢 正樹

■生産物流本部
 新任務旧任務氏名
*▲デマンド・チェーン統括部 企画グループ 統轄部長生産物流・トランスフォーメーション担当付担当部長大石 哲也
デマンド・チェーン統括部 管理グループ 統轄課長企画推進部 管理グループ 統括課長柴崎 俊雄
デマンド・チェーン統括部 業務グループ 統轄課長企画推進部 サプライチェーン・マネジメントグループ 統轄課長谷口 茂
*▲美里工場 設備環境安全室長美里工場 製剤部 固体剤室長深町 正一
*▲美里工場 製剤部 固体剤室長 企画推進部 企画グループ 統括課長田村 和彦
美里工場 製剤部 固体剤室 第四グループ 統轄課長美里工場 製剤部 固体剤室 担当課長西野 邦宏
美里工場 製剤部 注射剤室 第一グループ 統轄課長美里工場 製剤部 注射剤室 担当課長吉満 優信
美里工場 製剤部 注射剤室 第三グループ 統轄課長美里工場 製剤部 注射剤室 担当課長瓜生 和彦
*▲美里工場 製剤部 包装室長川島工場 製剤部 固体剤室長竹内 雅彦
美里工場 製剤部 包装室 第三グループ 統轄課長美里工場 製剤部 包装室 担当課長川崎 秀巳
美里工場 品質管理部 第一グループ 統轄課長美里工場 品質管理部 担当課長植木 規
美里工場 品質管理部 第四グループ 統轄課長美里工場 品質管理部 第三グループ 統轄課長柴田 義久
美里工場 品質管理部 第五グループ 統轄課長美里工場 品質管理部 担当課長松原 行信
美里工場 品質管理部 第六グループ 統轄課長美里工場 品質管理部 担当課長蒲川 拓治
*▲川島工場 品質保証部長信頼性保証本部 品質保証部 品質保証室長佐々木 龍介
*▲川島工場 設備環境安全室長美里工場 設備環境安全室長清水 進策
*▲川島工場 製剤部 固体剤室長 美里工場 製剤部 包装室長轟 邦夫
川島工場 製剤部 固体剤室 第三グループ 統轄課長川島工場 製剤部 固体剤室 担当課長小比賀 広隆
川島工場 製剤部 固体剤室 第四グループ 統轄課長川島工場 製剤部 固体剤室 担当課長堀 孝行
川島工場 製剤部 固体剤室 第五グループ 統轄課長川島工場 製剤部 固体剤室 担当課長松尾 威
川島工場 製剤部 包装室 第一グループ 統轄課長川島工場 製剤部 包装室 第二グループ 統轄課長西村 定
川島工場 製剤部 包装室 第二グループ 統轄課長川島工場 製剤部 包装室 担当課長小倉 一晃
川島工場 製剤部 包装室 第三グループ 統轄課長川島工場 製剤部 包装室 担当課長深見 貴豊
川島工場 製剤部 包装室 第四グループ 統轄課長川島工場 製剤部 包装室 担当課長平井 慎次
*▲川島工場 品質管理部長
(兼)第六グループ 統轄課長
川島工場 品質管理部 第三グループ 統轄課長森 和哉
川島工場 品質管理部 第二グループ 統轄課長川島工場 品質管理部 担当課長林 智久
川島工場 品質管理部 第四グループ 統轄課長川島工場 品質管理部 担当課長杉田 雅夫
川島工場 品質管理部 第五グループ  統轄課長包装企画室 本庄包装技術グループ 統括課長中村 英夫
鹿島事業所 原薬製造部 第二グループ 統轄課長鹿島事業所 原薬製造部 担当課長植村 誠
*▲鹿島事業所 品質管理室長美里工場 品質管理部 第一グループ 統轄部長広島 修
川島工場 品質管理部 第三グループ 統轄課長鹿島事業所 原薬製造部 第二グループ 統轄課長森田 浩三

■出向
新任務旧任務氏名
エーザイフード・ケミカル株式会社日本事業本部(JBHQ)九州エリア統轄田中 実
エーザイ物流株式会社日本事業本部(JBHQ)関信越エリア統轄加藤 栄一



<2009年4月1日付 主な組織改編>

■CEOオフィス
1) CJ(Customer Joy)部の新設
 顧客(患者様、生活者、医療従事者)の顕在化した欲求を充足するだけでなく、潜在的な欲求をも満たす製品・情報・サービスを提供することによって得られる顧客歓喜(CJ)を追究していくため、CEOオフィスにCJ部を新設する。患者様や生活者との共同化を通じて得られた顧客の潜在的な欲求を満たす製品改良および情報提供などを実現していく。
 CJ部は、企画推進室ならびに、顧客価値情報センターと、収集・蓄積した情報に基づく製品改良を担う技術センターの1室2センター体制で構成する。

■日本事業本部(JBHQ)
 JBHQにおいては、医療用医薬品、一般用医薬品、ジェネリック医薬品、診断薬の4事業のマーケティング機能やプロモーション活動の融合を進め、事業基盤の強化と事業間シナジーを追求するとともに、患者様が安心して暮らせる「まちづくり」推進体制をさらに強化しつつ、オンコロジー領域参入に向けた本部体制構築を図る。

1) 戦略企画部 オンコロジー・マーケティング企画室の新設
 日本での今後のオンコロジー領域への参入に向けた本部体制の強化を企図し、戦略企画部にオンコロジー・マーケティング企画室を新設する。

2) 医薬統括部 育薬支援室の新設
 顧客に対し当社の企業活動に対する理解を深め、フランチャイズ領域におけるマーケティングを強化するため、医薬統括部に育薬支援室を新設する。

3) 流通推進部の再編
 効率的な流通推進活動を企図し、東京流通推進部と千葉・埼玉流通推進部ならびに神奈川流通推進部を統合し、東京流通推進部とする。また、関西北陸流通推進部と兵庫流通推進部を統合し、関西北陸流通推進部とする。

4) 薬粧事業部の再編
 一般用医薬品の新製品開発強化とより生活者に視点を置いたマーケティング展開を企図し、薬粧事業部を再編する。

①コンシューマ・マーケティング部の新設
 セルフメディケーションの進展に伴う生活者の多様なニーズを充足し、顧客満足度を最大化するため、一般用医薬品・粧材品のマーケティング並びに商品開発を含む事業の推進を企図し、コンシューマ・マーケティング(CM)部を新設する。CM部は、調査・企画を担当するブランド・マネジメント(BM)一室とブランド戦略・プロモーションを担当するBM二室、薬事法分類第1類の開発を担当する開発一室と第2類、第3類の開発を担当する開発二室の4室体制とする。

②販路政策部の新設
 生活者のヘルスケア商品の購入経路の変化、一般用医薬品販売の規制緩和によるチャネルの拡大を見据え、販路政策を強化することを企図し、販路政策部を新設する。販路政策部は、新販路開拓・拡大等を担当する量販室とトレードマーケティング等を担当するソリューション室の2室体制とする。


■創薬研究本部
1) 創薬資源管理推進室の新設
 化学物質をはじめとする創薬資源の管理を徹底し、適正な研究活動を推進することを目的に、創薬資源管理推進室を新設する。

■生産物流本部
1) デマンド・チェーン統括部の新設
 各国の実態に合わせた製品提供を実現するため、企画推進部を発展的に解消し、デマンド・チェーン統括部を新設する。デマンド・チェーン統括部は、企画グループ、管理グループ、業務グループの3グループ体制とする。

以上