ここから本文です

ニュースリリース

(2008年4月21日) 印刷用(PDF 33KB)

米国MGI PHARMA, INC.の買収による完全子会社化に伴う
平成20年3月期業績予想の修正に関するお知らせ

会社名 エーザイ株式会社
代表者名   代表執行役社長 内藤 晴夫
(コード番号 4523 東証・大証各第1部)
問合せ先
執行役 コーポレートコミュニケーション・IR担当
               藤吉 彰

(TEL 03-3817-5120)

米国MGI PHARMA, INC.の買収による完全子会社化に伴う
平成20年3月期業績予想の修正に関するお知らせ

 米国のバイオファーマであるMGI PHARMA, INC.の買収による完全子会社化(平成20年1月28日)に伴う通期業績への影響ならびに最近の業績の動向等を踏まえ、平成20年2月1日の第3四半期財務・業績の概況発表時に公表した平成20年3月期(平成19年4月1日~平成20年3月31日)の業績予想を下記のとおり修正します。
 なお、平成20年3月期決算発表は5月14日を予定しています。

1.平成20年3月期 通期業績予想数値の修正(平成19年4月1日~平成20年3月31日)
(1)連結
(単位:百万円)

売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A)
(平成20年2月1日発表)
739,000 117,000 121,000 78,500
今回修正予想(B) 735,200 17,700 18,800 △ 17,500
増減額(B-A) △ 3,800 △ 99,300 △ 102,200 △ 96,000
増減率(%) △ 0.5 △ 84.9 △ 84.5 △ 122.3

(ご参考)
前期実績(平成19年3月期)
674,111 105,263 110,462 70,614

(2)個別
(単位:百万円)

売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A)
(平成20年2月1日発表)
388,000 82,500 83,000 54,600
今回修正予想(B) 389,200 73,000 70,900 45,900
増減額(B-A) 1,200 △ 9,500 △ 12,100 △ 8,700
増減率(%) 0.3 △ 11.5 △ 14.6 △15.9

(ご参考)
前期実績(平成19年3月期)
351,647 65,026 65,674 42,803

2.修正の理由
(1)連結
○ 当社の連結子会社である米国ジャガー・アクイジション・コーポレーションとMGI PHARMA, INC.の合併は、米国会計基準(企業結合会計 SFAS141号)に基づくパーチェス法で会計処理することになります。買収金額(3,944百万ドル)の資産等への配分処理を行った結果は、下記のとおりの見込みです。
  • 無形固定資産: 1,378百万ドル (製品や技術に対する評価額)
  • 上記の繰延税金負債: △ 551百万ドル
  • IPR&D費*: 840百万ドル (開発品に対する評価額)
  • その他の資産・負債: 533百万ドル
  • のれん: 1,744百万ドル
*IPR&D費(インプロセスR&D費):特定の研究活動の目的で利用され、将来他の目的に使用できない資産であり、研究開発費として一括して計上されるもの。


○ 上記の企業結合会計に伴い、平成20年3月期の連結損益予想に影響を及ぼす主なものは、下記のとおりの見込みです。
  • IPR&D費の計上: 874億円(研究開発費)
  • 無形固定資産償却費の計上: 31億円(売上原価および研究開発費)
  • 棚卸資産評価アップ分: 25億円(売上原価)
  • 法人税その他: △45億円(法人税等調整額など)

○ 上記ののれんに関しては、平成20年3月期の損益には影響がありません。ただし、平成21年3月期より日本の会計基準において「在外子会社の会計処理の統一」が適用になるため、当該のれんの償却費が発生します。なお、償却年数は20年を予定しています。
○ グローバルな研究開発の活発化に伴い、研究開発費が増加する見込みです。また、為替相場における第4四半期のドル安(円高)に伴い、米国子会社財務諸表の円換算の結果、売上高および販売管理費等が減少する見込みです。
○ 買収後のMGI PHARMA, INC.単独の業績(2カ月分)が加わります。
○ MGI PHARMA, INC.買収に伴う企業結合会計の影響を除くと、営業利益の前期比は105%、当期純利益の前期比は101%であり、前期実績を上回る見込みです。

(2)個別
○ グローバルな研究開発の活発化に伴い、研究開発費が増加する見込みです。
○ 為替相場における第4四半期のドル安(円高)により為替差損が増加することに加え、株式相場の低迷により投資有価証券評価損が発生する見通しです。

3.期末配当金の見通し
○ MGI PHARMA, INC.買収に伴う企業結合会計により、損益への影響は発生しますが、営業キャッシュ・フローには影響を与えないため、配当方針は変更しません。
○ 期末配当金は1株当たり65円を予定し、前回の予想数値からの変更はありません。これにより、年間配当金は1株当たり130円(前期より10円増)を見込んでいます。

4.平成21年3月期(平成20年4月1日~平成21年3月31日)の連結業績予想
(単位:百万円)

売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
通期 806,000 93,000 87,000 56,000
前期比(%) 109.6 525.4 462.8

※前期比は平成20年3月期業績予想に対する比率です。

平成21年3月期の連結業績予想は、5月14日の決算発表時に詳細を含め正式に開示する予定です。
以上