ここから本文です

ニュースリリース

(2006年10月2日) 印刷用(PDF 27KB)

「カン研究所」が神戸医療産業都市に移転し、研究活動を開始


 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)の100%出資法人である株式会社カン研究所(本社:神戸市、社長:山内博)は、10月1日に京都リサーチパークから神戸医療産業都市構想の中核施設が揃うポートアイランドへの移転を完了し、本日より研究活動を開始しました。

 カン研究所は、創薬に結びつく革新的なアイディアや技術の創出を目標としています。特に、さまざまな細胞の個性を生み出す仕組みや、細胞内小器官の働きを制御するメカニズムなどの探索を中心に、病態の解明に取り組んでいます。それにより、独自性の高いメカニズムやターゲットを見つけ、創薬へと結び付けています。
 主要研究領域は、アルツハイマー型認知症、パーキンソン病などの神経領域、悪性腫瘍、転移、血管新生などのがん領域、そして関節リウマチ、炎症性腸疾患などの自己免疫・炎症領域です。これらの研究成果を、創薬における基礎研究から応用研究へのトランスレーショナル・リサーチとして積極的に活用しており、連携している国内外のエーザイグループの研究開発活動に貢献しています。
 今回の移転に伴い、設備の拡充とともに、バイオクラスターでのメリットを生かした研究者間ネットワークの充実により、先端医学や基礎生物学上の最新知見や最先端技術の継続的な獲得を進め、研究テーマの着想や進行を加速化していきます。

 エーザイは、いまだ満たされていない医療のニーズを充足する革新的な新薬を創出するために、日本、米国、欧州の3極に研究拠点を設置し、それぞれの特徴をいかしつつ緊密に連携した研究体制を構築しています。その中で、カン研究所は、先端的な細胞生物学の研究技術を駆使し、創薬研究の最上流となる生命科学研究を担っています。

【カン研究所の概要】
所在地 :兵庫県神戸市中央区港島南町6-7-3 神戸MI R&Dセンター3階
資本金:7,000万円
設立年月:1997年4月25日
社 長:山内 博 
事業内容:医薬品の探索研究および生命科学に関する研究

神戸MI R&Dセンター
神戸MI R&Dセンター写真
以上