ここから本文です

ニュースリリース

(2006年3月31日) 印刷用(PDF 103KB)

旭化成ファーマとエーザイ 血管拡張剤「エリル(R)」の中国における販促活動委託契約を締結

旭化成ファーマ株式会社
エーザイ株式会社

 旭化成ファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:中岡靖晶 注1)とエーザイ株式会社(本社:東京都文京区、社長:内藤晴夫)の子会社である「衛材(中国)薬業有限公司」(本社:江蘇省・蘇州市、董事長:石黒勝)は、2006年3月28日、旭化成ファーマが日本と中国で販売している血管拡張剤「エリル(R)」(注射剤、一般名 塩酸ファスジル水和物)について、中国での販売促進活動をエーザイに委託する契約を締結しました。
 今回の契約締結により、「衛材(中国)薬業有限公司」は、2006年6月1日から、中国における「エリル(R)」の販売促進活動を独占的に受託し、活動に応じたコミッションを得ることになります。なお、旭化成ファーマはこれまで通り中国での「エリル(R)」の代理店への販売を引き続き行います。

 「エリル(R)」は「くも膜下出血術後の脳血管攣縮、およびこれに伴う脳虚血症状の改善」を適応にもつ血管拡張剤です。血管収縮機序の最終ポイントとなる蛋白リン酸化酵素の阻害という、新しい作用メカニズムによって血管の収縮を防ぎます。

 エーザイでは、中国において市場開拓を積極的に進めており、グローバル製品であるアルツハイマー型痴呆(認知症)治療剤「アリセプト(R)」をはじめとする自社品の販売活動に加え、他社製品のプロモーションを積極的に展開しています。特に、脳神経領域は、「アリセプト(R)」によって構築された強固な販売基盤を有しており、製品ラインアップに「エリル(R)」を加えることでシナジー効果が高まり、より多くの患者様への貢献が可能になると期待しています。
 旭化成ファーマは、中国市場での重点製品である骨粗鬆症治療剤「エルシトニン(R)」および免疫抑制剤「ブレディニン(R)」に経営資源を集中させ、事業基盤の強化を図っていきます。

 今回の提携により、旭化成ファーマとエーザイは、中国市場における血管拡張剤「エリル(R)」の認知度をさらに高めるとともに、お互いの重点領域におけるプレゼンスの向上をはかり、患者様への貢献を果たしてまいります。

以上


注1:旭化成ファーマ株式会社の社長は2006年4月1日より大江 啓になります。


本件に関する問い合わせ先
旭化成ファーマ株式会社
総務部       TEL 03-3259-5777

旭化成株式会社
総務部広報室  TEL 03-3507-2060
エーザイ株式会社
 コーポレートコミュニケーション部
 TEL 03-3817-5120