ここから本文です

ニュースリリース

(2005年3月18日)

エーザイとトーリーパインズ・セラピューティクス社が
アルツハイマー病の創薬研究に関する契約を締結


 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)とトーリーパインズ・セラピューティクス社(旧社名ニューロジェネティクス社、本社:米国カリフォルニア州ラホヤ、社長:ニール・クーツ)は、このたびアルツハイマー病の創薬研究に関する契約を締結しました。

本研究は、アルツハイマー病の発症機序に基づき、新規の疾病修飾剤の創出を目指すものです。本契約締結に伴い、エーザイはトーリーパインズ・セラピューティクス社の研究によって同定された化合物に対して、第一次交渉権および第一次拒否権を有することになります。有望な化合物が発見された場合、両社は事業化契約を結ぶ予定です。

トーリーパインズ・セラピューティクス社は、中枢神経系の疾病や障害を治療する画期的な低分子の医薬品の探索、開発、事業化に特化したバイオ製薬企業です。同社は自社研究、導入、戦略的な連携などにより、新しい技術を開発し、片頭痛、神経因性疼痛やアルツハイマー病等神経変性疾患の治療薬の創出に注力しています。

エーザイは、フランチャイズ領域の一つである神経領域において、製品ラインアップを充実するため、外部との提携を積極的に進めております。今回の契約締結が、アルツハイマー型痴呆治療剤「アリセプト」に続く、有用な新規治療薬の開発につながることを期待しています。
(以上)
本件に関するお問い合わせ先
エーザイ株式会社   Kumar Srinivasan, Ph.D., M.B.A.
コーポレートコミュニケーション部   Vice President, Corporate Development TorreyPines Therapeutics Inc.
TEL: 03-3817-5120   TEL: 858-623 5665 (extension125)
www.eisai.co.jp   www.torreypinestherapeutics.com別ウィンドウで開きます