ここから本文です

ニュースリリース

(2004年5月12日)

胃粘膜修復成分と制酸剤の配合量を高めた緑の胃ぐすり「サクロン」「サクロン錠」を新発売


 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)は、サクロン・ブランドの新製品として、胃粘膜修復成分と制酸剤の配合量を高めた緑の胃ぐすり「サクロン」(顆粒剤)と「サクロン錠」を5月12日に新発売します。

新発売の「サクロン」と「サクロン錠」は、アルコールや胃酸過多によって荒れた胃粘膜に対して修復・保護効果を発揮する銅クロロフィリンカリウムを増量し、制酸剤の配合を改良して総量も増やすことで、従来品(サクロンS)に比べて胃粘膜修復・保護力と制酸力をさらに高めました。併せて、顆粒を小さくソフトにすることで口の中で溶けやすくし、よりスッキリとした服用感を実現しました。

20~50歳の約半数の方々は、二日酔いなどによる胃の不快症状の経験者といわれています。中でも、30歳前後の方々では飲酒機会が多く、かつ増加傾向がみられるとの調査報告があります。(2003年 社外調査)
胃粘膜修復成分と制酸剤の配合量を高めた新しい「サクロン」と「サクロン錠」を新発売し、飲み過ぎなどによる「むかつき」「胃痛」「胸やけ」など胃の不快感にお悩みの方のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上に貢献することを目指します。



[参考資料として製品概要と写真を添付しております]

製品概要
製品写真
サクロン・サクロン錠 写真