ここから本文です

ニュースリリース

(1999年9月10日)

米国向け合成ビタミンEの販売に関する件およびそれに伴う中間業績予想の修正について

平成11年9月10日
各  位

会 社 名エー ザ イ 株 式 会 社
代 表 者名代表取締役社長 内藤 晴夫
コード番号 4523
上場取引所 東証・大証各第1部
問い合せ先 取締役広報・法務部長 岡林 功
TEL (03)3817-5190

米国向け合成ビタミンEの販売に関する件
およびそれに伴う中間業績予想の修正について

 当社は、このたび以下の通り、米国向け合成ビタミンEの販売に関し、米国司法省との間で司法取引に合意いたしました。また、米国連邦裁判所に提起されております民事訴訟につきましても、近々原告側と和解合意に達する見通しであります。これに伴い、中間業績予想の修正を行います。

1. 司法取引の経緯
当社は、米国司法省より米国向け合成ビタミンEの販売に関し、1991年1月から1999年2月までの間、米国独占禁止法に抵触していたとして調査協力の要請を受けました。その後、調査に協力してまいりましたが、このたび米国司法省との間で司法取引を行い、米国政府に4000万ドル(約44億円)を支払うことで合意いたしました。
裁判による解決には、多くの時間と費用等を必要とすることから、早期に解決することが最善策と判断いたしました。

2. 司法取引の内容
米国政府へ4000万ドル(約44億円)を支払う。

3. 当社の業績への影響
本件に関して発生することが予想される、米国その他の地域における司法取引、民事訴訟等の支払額を概算し、約72億円を当中間期の特別損失として計上いたします。
これに伴い、平成12年3月期の業績予想(平成11年5月21日発表)における中間業績予想を以下のとおり修正いたします。なお、通期業績予想(連結・単体)については改めてご報告いたします。

当中間期の業績(単体)予想の修正(平成11年4月1日~平成11年9月30日)


売 上 高 経 常 利 益 中 間 純 利 益
前回予想(A)
(平成11年5月)
112,000百万円 16,500百万円 8,500百万円
今回修正(B) 112,000百万円 16,500百万円 3,000百万円
増減額
(B)-(A)
-百万円 -百万円 △5,500百万円
増減率 -% -% △64.7 %


4. 今後の対応
当社は、これまで遵法精神に則った経営を心がけてまいりましたが、このような結果を招いたことは誠に遺憾であり、世間をお騒がせいたし、申し訳なく存じております。
この事態を厳粛に受け止め、早急に独占禁止法対応プログラムを厳しく見直し、再発防止に万全を期す所存であります。
以 上