ここから本文です

ニュースリリース

(1999年4月12日)

「エイテストPIVKA-II」等の特許権侵害で、東京地方裁判所が製造・販売等中止の仮処分を決定

エーザイ株式会社
三光純薬株式会社


「エイテストPIVKA-II」等の特許権侵害で、
東京地方裁判所が製造・販売等中止の仮処分を決定


 東京地方裁判所は3月31日付で、エーザイ株式会社(本社:東京都文京区、社長:内藤晴夫)の申し立てに基づき、株式会社第一ラジオアイソトープ研究所(本社:東京都中央区、社長:奥田順三)に対し、「PIVKA-II IRMA「第一」」の製造・販売・譲渡を禁止する仮処分の決定を下しました。本日、この決定により第一ラジオアイソトープ研究所の工場に対して仮処分が執行されました。


 本決定は、「PIVKA-II IRMA「第一」」の製造・販売・譲渡が、エーザイの体外診断用医薬品「エイテストPIVKA-II」、「ピコルミPIVKA-II」の基礎となる測定試薬、測定方法に関する特許権を侵害するとした、1998年1月のエーザイの申し立てが認められ、下されたものです。


 「エイテストPIVKA-II」、「ピコルミPIVKA-II」は、エーザイが研究・開発した肝細胞癌の診断薬です。同社のライセンスに基づき、関係会社の三光純薬株式会社(本社:東京都千代田区、社長:渡辺瞭)が販売しております。


 エーザイは「エイテストPIVKA-II」、「ピコルミPIVKA-II」の基礎となる測定試薬、測定方法に関する特許権を取得しており、有効期間は2011年3月までとなっております。


(以 上)


<お問合わせ先>
〒112-8088東京都文京区小石川4-6-10
エーザイ株式会社 広報・法務部 広報グループ
 TEL:03-3817-5120(ダイヤルイン)
 FAX:03-3811-3077