ここから本文です

ニュースリリース

(1996年12月12日)

ブリストル・マイヤーズ スクイブ社に抗真菌剤を導出

 エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)は、米国ブリストル・マイヤーズ スクイブ社(本社:ニューヨーク市、会長兼最高経営責任者:チャールズ・A・ハインボルド Jr.)と、トリアゾール系抗真菌剤(開発記号:ER-30346)を導出する契約を、このたび締結いたしました。


 今回の契約の下で、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社は日本を除く地域での開発と販売の独占的な権利および日本での開発と販売の半独占的な権利を有することになります。なお、本契約に伴いエーザイはブリストル・マイヤーズ スクイブ社より、契約一時金とマイルストーンペイメントならびに販売後のロイヤルティを受け取ることになります。


 ER-30346はエーザイが独自に合成した、カンジダ属、アスペルギルス属、クリプトコッカス属等の真菌による重症の感染症に対して広範囲スペクトルを有するトリアゾール系抗真菌剤です。前臨床試験では、従来のトリアゾール系真菌剤であるフルコナゾール等と比べ、その有効性が示唆されており、エイズ、ガン、臓器移植等による免疫不全患者で引き起こされる重症の真菌感染症の治療においても有効性が期待されています。