ここから本文です

ニュースリリース

(1996年4月9日)

価値型ジェネリック販売会社「エルメッドエーザイ株式会社」を設立

 エ-ザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)は、4月9日(火)、100%出資の高齢者向け医薬品販売会社「エルメッドエーザイ株式会社」を設立いたしました。


 エーザイは、いかなる医療システム下においても存在意義のある「ヒューマン・ヘルスケア企業」を目指しており、「エルメッドエ-ザイ」は、この 企業像を具現化するものであります。従来の後発品とは一線を画する価値型ジェネリックを包括制を選択する医療機関を中心に提供してまいります。


 価値型ジェネリックとは、「剤型」「情報」「経済性」において、従来の後発品にはない付加価値を持つジェネリックを意味します。

  • 「剤型的価値」は、速崩性・苦味マスクなど高齢の患者様が服用しやすいように配慮した剤型的な付加価値

  • 「情報的価値」は、MRによる情報伝達に加え、コンピュータや通信回線も活用し、医療機関への適正使用情報などをタイムリーに提供する情報の付加価値

  • 「経済的価値」は、包括制の医療機関の経済コストを考えた経済的な付加価値で、将来的な薬剤給付の変更を想定し、患者様の負担の軽減も配慮

 価値型ジェネリックの研究開発は、エーザイ及びエーザイの関係会社である 三生製薬が行い、生産は主に三生製薬が行います。なお、事業開始は1997年夏頃を予定しております。エーザイはジェネリック市場においても、研究開発型企業しての責任を果たしたいと考えております。