くすりの博物館
サイト内検索
薬草に親しむ
人と薬のあゆみ 薬草に親しむ 内藤記念くすり博物館のご案内 タマでもわかるお薬のはなし もうひとつの学芸員室くすりの博物館トップページへ


身近な生活にある薬用植物
壁紙カレンダー
薬用植物一覧
検索
身近な生活にある薬用植物 カレーライス
 日本の国民食とも言われるカレーライス。発祥の地はご存知のとおりインドですが、日本へは開国を機にインド風ではなく、英国風カレーが伝わりました。
 伝来当初よりカレーは、米飯と結びつき、カレーライスとして紹介されました。文明開化間もない明治5年刊行の「西洋料理指南」(敬学堂主人著)には、魚介類と葱・生姜(しょうが)・ニンニクを使ったカレーライスが掲載されています。タマネギの代用で葱が使われるなど、当時の苦労がしのばれます。その後、日本海軍・陸軍の軍用食となり、兵士たちが故郷に帰還することで全国に広がっていきます。そして、時代とともにカレーライスは日本のご飯(ジャポニカ種)に合う「日本風カレー」に姿を変え、インド風、英国風とも異なるものとなりました。
 ここでは私たち日本人と深い関係にあるカレーライスに使われている代表的な有用植物をご紹介します。乾燥したスパイスや食材としてではなく、植物としての姿をごらんください。いつものカレーライスがきっと一味違うものになると思います。

記事:エーザイ株式会社コーポレートコミュニケーション部
         尾形  武彦(2002年3月)
カレー
<具材>
米 (イネ) 小麦粉 (コムギ)
玉ねぎ じゃがいも
にんじん  
<辛みのスパイス>
トウガラシ ジンジャー (ショウガ)
コショウ ガーリック (ニンニク)
チンピ (ウンシュウミカン) ディル
<香りのスパイス>
クローブ (チョウジ) シナモン (ニッケイ)
コリアンダー ローレル (ゲッケイジュ)
カルダモン フェンネル (ウイキョウ)
ローズマリー タイム (タチジャコウソウ)
セージ バジル
オレガノ セイボリー
クミン ナツメッグ
スターアニス アニス
オールスパイス  
<色づけのスパイス>
ターメリック (ウコン) クチナシ
パプリカ  
戻る
ご意見ご感想著作権について Copyright(C), Eisai Co., Ltd. All rights reserved.