くすりの博物館
サイト内検索
薬草に親しむ
人と薬のあゆみ 薬草に親しむ 内藤記念くすり博物館のご案内 タマでもわかるお薬のはなし もうひとつの学芸員室くすりの博物館トップページへ


身近な生活にある薬用植物
壁紙カレンダー
薬用植物一覧
検索
身近な生活にある薬用植物 色の名前になった植物
 赤、青、黄色・・・色の名前はそれこそ“いろいろ”ありますが、私は日本の「伝統色」と呼ばれる色の名づけ方が好きです。植物の名前が元になっている色名も多く、桜色や小豆色なんかは字を見ただけで、あるいは聞いただけでその色合いがぽっと浮かんできます。『枕草子』に挙げられた色についてのシャープな評価や、『源氏物語』の襲(かさね)の配色もすばらしいものがあります。しかし、私にとって色の名前が印象深かったのは、『平家物語』を読んだときでした。

登場人物の鎧の縅(おどし※1)や太刀などの配色は、その人物の地位や立場などを語る道具だてにもなりました。縅には緋色や黒、紫などが好まれたようですが、私が好きなのは、苅安(カリヤス)で黄色に染めた布を藍(アイ)でさらに染めた萌黄色。明るい緑色です。 平敦盛は、年の頃も16,7歳で、「練貫(ねりぬき※2)に鶴を縫うたる直垂(ひたたれ※3)に、萌黄匂(もえぎにほひ※2)の鎧著(き)て」と若々しく上品な装い。また、同じ萌黄の縅でも、老武者・斉藤別当実盛は「若やがう(=若返ろう)」という気持ちで「赤地の錦の直垂に、萌黄縅の鎧」をまとい、白くなった鬢(びん)やひげを黒く染めて戦いにのぞみました。

 カリヤスもアイも、中学生の頃『平家物語』を読んだときにはどんな植物かくわしくは知りませんでした。薬草園で染物体験をした時に、初めて元になる植物を見、また、染めた色の名前に「苅安」・「藍」のような植物の名前に由来するものがあることを勉強しました。苅安と藍の色を重ねてできた緑色に、“草木が萌え出づる時の色”、萌黄色と名づけた先人の美意識というものに、あらためて感じ入りました。 そして名乗らないまま死んでいった二人の武者――敦盛と実盛の凛とした最期は、装束の色のあざやかさを描写したことで、より悲劇性がきわまったように思えました。

※1鎧を構成するパーツで、体を保護するために板をつなげて革などで補強したもの。袖などに使用する。材料により糸縅・皮縅、色によって緋縅・卯花縅、つづり方によって荒目・毛引などに分かれる。
※2生糸をタテ糸に、練糸をヨコ糸にした絹織物。
※3当時の衣服で、袖をくくり、裾は袴の中に入れて着用する。
※4「匂」はだんだんと色を薄くしていく染め方。「萌黄匂」は明るい黄緑色から白へのグラデーションとなる。濃くしていく染め方は「裾濃(すそご)」。


●参考文献
色の彩時記 朝日新聞社編 1983
平家物語 高橋貞一校注 講談社文庫 1972



記事:内藤記念くすり博物館
         稲垣  裕美 (2005年9月)
鎧
 
      色の名前 色の命名の
元となった植物
      紅(くれない)     韓紅花(からくれない) ベニバナ
      茜色 アカネ
      蘇芳 スオウ
      小豆 アズキ
      紅梅           ウメ
      木蘭 モクレン
      撫子 ナデシコ
      モモ
      サクラ
          洗柿(あらいがき) カキ
      柑子(こうじ)     蜜柑 ミカン
      萱草(かんぞう) カンゾウ
      蒲(かば) ガマ
      樺(かば)     樺茶 カバ
          焦茶 チャ
      檜皮(ひわだ) ヒノキ
          栗皮     栗梅 クリ
      楊梅 ヤマモモ
      丁子(ちょうじ)     丁子茶 チョウジ
      海松(みる)     海松茶 ミル
      山吹     款冬(かんとう) ヤマブキ
      鬱金 ウコン
      支子     梔子     深支子(こきくちなし) クチナシ
      苅安 カリヤス
      黄蘗(きはだ) キハダ
      ハゼ
      ヤナギ
      木賊 トクサ
      青竹     若竹 タケ
          二藍(ふたあい) タデアイ
      茄子紺 ナス
      スミレ
      桔梗 キキョウ
      龍胆 リンドウ
      フジ
      紫苑 シオン
          若紫 ムラサキ
      蒲萄     葡萄(えび) エビカズラ
      躑躅 ツツジ
      菖蒲 ショウブ
      牡丹 ボタン
      卯の花 ウツギ
      ツルバミ
戻る
ご意見ご感想著作権について Copyright(C), Eisai Co., Ltd. All rights reserved.