くすりの博物館
サイト内検索
薬草に親しむ
人と薬のあゆみ 薬草に親しむ 内藤記念くすり博物館のご案内 タマでもわかるお薬のはなし もうひとつの学芸員室くすりの博物館トップページへ


身近な生活にある薬用植物
壁紙カレンダー
薬用植物一覧
検索
身近な生活にある薬用植物 桜の花と山椒の実
 桜の開花は年々早まり、今年、東京では3月下旬がお花見のピークでした。若い時分は、新学期の風物詩程度に受け止めていた桜に対する関心度は、歳を重ねるにしたがって、ある種の感慨をもってその便りを待つように変化していくようです。団塊の世代である私も、桜に興味を抱くようになったのは、五十歳を過ぎてからのことです。

 「年年歳歳花相似 歳歳年年人不同」。親、身内、友人、先輩社員などが世を去ったり、遠くに離れていってしまったりする自分自身の境遇を、桜の持つ、せつな的な華やかさと重ね合わせて振り返るようになるからでしょう。
 今年は、たまたま家族と上野公園を訪ねましたが、満開の桜とともに、ごみの山も同じくらい目を引いていたのはご愛嬌でした。むしろ、自宅近くの小さな公園の桜を横目で眺めたり、播磨坂(エーザイ本社近く)の桜並木を昼休みに散歩したりするほうが、ほっとするひとときを楽しめる感じです。

 桜の季節になると必ず思い出すのは、奈良・吉野山。大阪にいたころ、何度か出かけましたが、昭和50年春、その3年後に53歳で亡くなった母といっしょに訪れた竹林院の桜は、いまも思い出に残ります。満開の絶頂にあたったあのときの桜吹雪は、「いま私は桜の中にいる」「桜に圧倒されている」という実感を味わわせてくれました。
 吉野山の桜は、豪華絢爛、優雅で気品ある、日本一の桜と言われています。下千本、中千本、上千本と、山一面に咲き誇るその数は3万本。私の印象に残っているのは、竹林院庭園の景観と、奥千本にある西行庵の清楚な山桜。

 吉野では、山道のみやげもの屋の店頭にも興味を注がれます。吉野葛、柿の葉ずし、桜の花びらの塩漬け、5月には木の芽や山椒の実も並びます。山椒の実は、熱湯であくを抜いてから冷凍庫に保存しておけば、たいへん便利。休日に台所に立つのが好きな私は、おにぎりの具や山椒の実を利かせた鮎や穴子の甘辛煮に入れて用います。
 ああ、桜が満開のころと若葉が瑞瑞しいころと、両方の吉野山をまた訪ねてみたいなあと、思いが馳せてきます。


記事:エーザイ株式会社
         コーポレートコミュニケーション部
         伊地知 則威 (2008年4月)
クズ
サンショウ
戻る
ご意見ご感想著作権について Copyright(C), Eisai Co., Ltd. All rights reserved.